女子力の上がる風俗とは

女子力がアップすると評判の風俗とは

風俗で女子力は上がるのか

風俗業の種類

日本では、性風俗を風俗業と呼称する場合が多い。つまり、主に女性が性的なサービスを客の男性に提供する場である。これらは、まず、店舗型と派遣型の2種類に大別される。
店舗型風俗というのは、ソープランドやファッションヘルスといった、客側から足を運ぶタイプの風俗店、ストリップ劇場のように1対多で客が鑑賞するタイプの店、そしてラブホテルをはじめとする個室という空間を貸す店、アダルトショップなどの販売店型の4つに分けられる。
一方、派遣型の風俗店とはデリバリーへリスなど、風俗嬢がホテルなどの客側に派遣され、サービスを行うことになる。また、店舗型の派生としてキャバクラやクラブ、ホストクラブなど飲食店の延長線上に存在するものもある。

風俗店の業務内容

では、風俗店に勤務するとどのような勤務体系で仕事に関わることになるのだろうか。ソープランドのような店舗型、デリバリーヘルスのような派遣型、それぞれについて見ていこう。

(1)店舗型(例ソープランド)
出勤したら、風俗嬢は入り口で客を出迎える。上着や靴を整え、行為が始まる。順番は店や料金体系によって異なるが、入浴や洗体、マッサージを挟んだりもする。時間になったら仕事は終わりだ。風俗嬢自身が会計に関わることはなく、とった客の人数などに応じて後程給与がもらえる。1日に複数人を相手にし、シフトが終われば帰れるというシステムだ。もちろん、指名がなければ待機だけになることもある。

(2)派遣型(例デリバリーヘルス)
シフトはより流動的で、店と相談して決める。シフトの時間は自宅か店で待機。仕事が入ればドライバーに運んでもらう。一晩のシフトが多く、深夜か明け方に自宅まで送ってもらい帰宅。


この記事をシェアする