女子力の上がる風俗とは

女子力がアップすると評判の風俗とは

風俗で女子力は上がるのか

風俗店というのは、いわゆる風適法において規定されている風俗営業を行っている店全般を指す。これらをまとめて「接待飲食等営業」と呼び、主だったものだとして性風俗店から喫茶店、麻雀、パチンコ、ゲームセンターといった様々な娯楽施設がある。だが、狭義で風俗と呼ばれるのはこれらのうち性に関わるものだ。

風俗店というのは

風俗業というのは、性風俗をはじめとするもので、風俗嬢が客の男性に性的なサービスを提供とするというのが基本的な流れである。ひとくちに風俗といってもさまざまな種類が存在し、店舗型と派遣型がある。店舗型は客が店にきてサービスを受けるシステム、派遣型は客の所へ風俗嬢が訪問し、サービスをするシステムである。ちなみに、ラブホテルやアダルトショップも、広義では風俗業に含まれているが、今回はいわゆる性風俗、つまり従業員が直接客にサービスを施すタイプの風俗に注目していく。
風俗で働くというのは、とても簡単なことではない。長い間、複数人の客を相手にしなくてはいけないので体力が必要だ。また、見ず知らずの人間に性的サービスを提供する風俗嬢に求められる精神力は、並々ならぬものであろう。そして、長い時間1対1で客と話し、場を盛り上げてつないでいく必要があるため、コミュニケーション能力も求められているのである。
また、現代的な風俗では、メディアを有効に活用して1人でも多くの客に顔と名前を知られる必要もあり、自己アピールの力も必要なのだ。
こうした一連の風俗嬢としての仕事は、結果的に女子力を磨くことにつながるのだろうか。女子力とは、気遣いの力、いわゆる女子らしい力である。これは、化粧や立ち居振る舞い、言動などで周りから抜きんでることが必要な風俗嬢にも、通じるところはあるであろう。どのような点で風俗嬢としての経験が女子力につながるのか、細かく見ていきたい。

風俗で必要な力

主に女性が、客の男性に性的サービスを提供する風俗では、風俗嬢にどのような力が求められているのだろうか。もちろん風俗店の種類にもよるだろうが、求められている能力や技能を考えていくこととする。もちろんどの業種にも必要なのは、精神力とコミュニケーション能力だろう。

風俗で磨かれる女子力

風俗店での風俗嬢の業務内容や働き方、またそういった働き方に求められている能力や、あったら得をする技能といったものはわかってきた。では、こうした風俗業で勤務することで女子力があがるというのは本当なのだろうか。また、その中では具体的にどの風俗がよいのだろう。